ビッチ受けと見せかけて純情【エロ猫教育日誌】灰崎めじろ / 感想ネタバレレビュー
 

ビッチ受けと見せかけて純情【エロ猫教育日誌】灰崎めじろ / 感想ネタバレレビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

那男木賞www直○賞なww最初読めなくて何かと思ったww

ということで攻めは小説家です!

受けはヤリチンなのだが、

「付き合わねぇし1番は誰もなれねぇけどいいか?って聞いて「いい」っつった女としかしねぇんだぜ」

って最初に言ってるからそんなにクズじゃないと思うwむしろ超良心的かと

電子書籍

エロ ★★★★★★★★

修正 真っ白

スポンサーリンク

エロ猫教育日誌

なるほどね~攻めの彼女が編集者だったんだけど

那男木賞取ってから1本も小説完成させないでコラムとか細い仕事で食ってるから

「私といたってあなたは何も書けなかった
私じゃ駄目なんだって思い知るばっかりで辛いの」

ってすごく説得力があると思った・・・これは彼女にしかわからない「もう無理」だろう。

本当は初めてだけど「百戦錬磨だ」っていう受け→

ひだぴっちり

wwww

攻め「やっぱりかこんなぴっちり閉じた綺麗な襞してたらな」

って新しい台詞ww

攻め「ローション出すからちょっと待ってろ」

受け「あんたいろんなエロ技持ってそうだもんな」

攻め「違う自分用だ
オナカップ使う時いるだろうが」

オナカップ??

オナホじゃなくて??

www

言い方笑ったww

受けの中に指を挿れた感想

いろいろ表現がおかしくて面白いwww絶対ふわふわではないwww

確かに受けはヒモなんだけど女の家で尻準備してから(攻めんちに)きましたってぐっとくるもんがあるな~

「1番好きなやつとは付き合えないからみんな2番目」って1番は攻めなんやろな~(攻めだけが気づいてない)って読者にはわかってたけど可愛かったよねw

攻めの「書けない」って感覚は案外書き出してみたらするっといけるんじゃねーかとも思うけど(机に向かうまでが一番大変)

ポルノグラファー木島先生のように作家さんはそういうのあるんだろうか・・・

これ装丁が今年No.1なのではってくらい可愛い 裏表紙にもあらすじが原稿用紙に書いてあり カバー裏文庫仕様で ...

攻め(こいつ・・・欲しいなあ・・・)ってしみじみ思うところがよかったなあ~

受け「言われた通り駅前で買ったヤツ(ローター)をトイレで挿れてさ電車乗ってきたんだぜ」

って素直可愛いしエロい

駅前・・・駅前・・・

攻めが受けのいじらしいとこを見て(ああキスしたいなあ・・・)って思うんだけど

(でもこいつそういうベタベタした絡み嫌がりそうだよな)

ってためらっちゃうのがいいw

ローター最強の流れ笑った

攻めが(これはもういけるだろう)と思って告白するんだけど、そしたら受けが出てっちゃって禁煙中だったはずなのにヘビースモーカー感やばいw

こう如実に煙草の本数に現れるところが煙草のいいとこですよね~

受け「何だよそれはバレてねーのかよ」可愛すぎた

確かにこれは「1番」もバレたかと思うよねわかるわかるぞってだけに余計可愛かったww

そうか最後まで読むと「あ・・・あんたの顔に・・・」(顔射してショック)とか「あんた遊び慣れてそうだし後腐れなさそうじゃん」がなるほどだったw

自分も受けは攻めのことずっと好きだったんだから、

攻めが告ってきたときに全然おっけーしたらいいのにって思ったんだけどヒモやってることバレたから幻滅されたくなくて逃げたなるほど(笑)

名前呼び強要が執拗でよかった!!

こう、夜になる前の夕焼けをバックにしたエロがよかったです

2人が両思いになって教育終了(タイトル)かと思いきや、

受けがこれまでと同じようにふらっと2~3日家を出て行く→

攻め「女の子の所に行くのか?」→受け(否定しない)

真実→「カレシが好きすぎて漫喫で頭冷やしてる」

wwww

自分も(攻めのこと大好きなのにまだ女のところふらっと行くっておかしいよな??)と思ってたんだけどこれは可愛いオチだったwww予想してなかったww

とにかく受けは攻めのことが好きすぎて逃げ癖がついてるのねw

この2人お互い

「俺がどんだけお前しかいねえかわかってんのか!!」

って言い合ってて面白いw

しっぽと猫耳つけられて受け「似合わねーし」って言いつつ「んにゃあ・・・っ♥」ノリノリでワロタ

あ~~~受け「ひろ兄がオレに飽きたらどうしよう」

(笑)

幸せすぎて怖いパターン(笑)

そして1人でぐるぐるじゃなくて「ひろ兄が飽きないように好きなことしろよ」って本人に直接言うところが他の作品とは違って面白かったw

うむやっぱり作家BLは自分の作品を通して告白するところが醍醐味だな(笑)

実は受けだけにあてられた告白小説なのにたくさんの一般人がそれを知らずに読んでるのにぐっとくる

受けは知らないで読むので「この猫(登場人物)が羨ましい」「一番好きなヤツからこんなに大事に想われてっとか」って素直な感想言うんだけど

受けの気持ちで想像すると事前に(告白小説だって)知ってる知ってないとじゃこれほど全然違うところに萌える

(えっ攻めって俺のことこんなに好きなの?)ってこれほど的確に伝えられるもんもない!これは作家BLの醍醐味!

作家BLでしかできない!

ちょっとリバフラグが立ったんだけど華麗にスルーされちゃったのがちょっと残念だった(笑)見たかったな攻めも覚悟決めてたのでww

攻め(奥まで飲み込んだままグラインドが好きなのか・・・)

グラインドwwwww


イメージ

手縛られた状態で攻めが下から頑張るのってかなり腰筋が鍛えられる感あってシュール

最後やりながら受けが笑ってて楽しそうでよかった!ほんとになんの心配もなく笑えるようになって

描き下ろし少ないページ数の中にシュールエロでよかったwww

尻に入ってたやつ掻き出して(ひろ兄・・・♥)「あーひろ兄のがもったいねー」って未練がましいのめっちゃよかったし

受け「もう二度と会えねー
でも今日の思い出だけで生きていけるぜ」(キリッ

天の声「我慢できずに2日後に至る」

www

爆速www

あとがき「この話まではちゃんと局部を描いていて~」ってことはこれ以降

会社「(修正が)世知辛くなってきたので今後真っ白になりますので描かなくても大丈夫です(?)」みたいになったんだろか

これ、ピアスに「(ち○こ)全部描かせろよ」って遠回しに言ってるぞ(すごく自分の見解です)自分も署名したい

女装アイドルとパンツの穴

タイトルwww

マネ×アイドル(女装)

攻めのメガネにうつる(反射)パンツがwww

この受けのビジュアルすごい好きだったな~

TV収録で女装→周りのお触りがエスカレート→

マネ「事務所NGです!!」

って助けに来るのがめっちゃ笑ったwww

事務所NGwww

それはNG

マネ「スカートの中だけじゃないんだ

君の全てを誰にも見せたくないと思ってしまった」

うまい

「受けくんはこんなところ(尻)まで綺麗なんだな」面白かったww

めちゃくちゃ執拗に慣らされちゃうの最高だったしそれ見てるマネいい笑顔すぎるだろ~

しかし汁も白いしち○こも真っ白だから何がなんだかわからん悲しさ

アイドルものならではの告白

マネ「僕が君の人生の幸せもプロデュースしたい」

wwww

よかった!

そしてライブ衣装のままやるのもアイドルものの醍醐味!

いやあ受けはグループじゃなくてソロで、ほんとにマネと二人三脚でやってるんだなあって親の気持ちだった

wwww

あかんでしょwwwと思ったけどここは切手貼って隠れるので全くOKだった

めじろさんビボ金でも描かれてるけどピアスリブレもどっちも真っ白出版社なんだよなあ~どこかくっきりなところで描いてほしいな~

エロいんだけどギャグみもあり二重の意味で面白いコミックスでした!!

電子書籍

ポチっとしていただけると励みになります・・・!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする